>  > 『は、はあっ……そ、そう……気持ちいい……』お客さんの声が大きくなります。

『は、はあっ……そ、そう……気持ちいい……』お客さんの声が大きくなります。

このままボンビー続けるのかななんて思いながら、まさかの高収入風俗求人情報サイトから応募したデリヘル店での採用ですよ。有頂天になりながらこのチャンスはものにしなくてはということで、研修から体入までその日のうちに済ませようとする私・・今は初めての接客中です。すでに陥落寸前のお客さん・・・勿論私には、お客さんが何を望んでいるのか分かってます。でも……今の私は“Sなアキナ”。…簡単に攻めてもらえると思ったら、大間違いだ・・。『……ん?なあに?』わざと、甘えた声で返してみた。『ハァ……ハァ……そっちもそっちも…くぅ…』お客さんが再び訴えてきます。……聞こえない。再び無視して、チロチロと乳首の周りを行ったり来たりする私の舌。『あっ……アキナちゃん……お願いだから……そっちも……』再び懇願するようにお客さんがいいます。『……そっちも……な、あ、に?』わざと、焦らして聞いてみるあたりがじれったいどころかいつか殴られそう・・、スイッチの入った時の私は本当に“S”なのだ。『ん……そっちも……舐めて……』観念したように、お客さんが小さな声で私に言った。くすっと笑いながら、『……ここ……?』っと、今度は一気に乳首をペロッと舐め上げました。『は、はあっ……そ、そう……気持ちいい……』お客さんの声が大きくなります。

[ 2015-09-18 ]

カテゴリ: デリヘル求人体験談